catch-img

滑舌を改善するために|さ行の発音トレーニング

さ行の発音トレーニング

これまでは”た行””ら行"の発音についてご説明しました。

 

 >滑舌を改善するために|た行の発音トレーニング

 >滑舌を改善するために|ら行の発音トレーニング

 

た行発音のコツは破裂音、ら行発音のコツは弾音と言いましたが、

今回はまた違った音、”さ行”の発音について、説明したいと思います。

さ行の発音と言えば、お笑い芸人である諸見里さん。

「赤坂サカス」が言えず「あかしゃかしゃかしゅ」になってしまうことで知られています。

諸見里さんほどでないにしても、さ行の発音で悩んでいる方はとても多いようです。

 

さ行の正しい発音方法や発音ができない原因、発音のトレーニング方法についてまとめました。

いま一度、自分自身の発音を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

《本記事で学べる内容》

 

1. さ行の発音方法

2. さ行が苦手な原因

3. さ行の発音トレーニング

 ①さ行の単音練習

 ②さ行の単語練習

 ③さ行の早口言葉

 

さ行の発音方法

さ行は破擦音からなる音です。

ベースとなる[s]の音は、上の歯茎の裏と舌先の上の面を近づけることで生じるわずかな隙間に

呼気を通すことにより発することができます。

狭い隙間から空気が押し出されることによって発生するが[s] なのです。

 

さ行はご存知の通り、「さ・し・す・せ・そ」の5音で構成されていますが、

「し」とそれ以外の音は作り方が異なります。

さ行の発音を練習をする場合は、最初から「し」に取り掛かってしまうと、

「しゃ・し・しゅ・しぇ・しょ」と癖づいてしまうことがあるため、

「し」以外の音から練習するのがオススメです。

 

①「さ・す・せ・そ」の発音方法

最初に、破擦音の[s]音がきちんと出せるかを確認してください。

上の歯茎の裏に舌先を近づけ、呼気を歯茎に当てるつもりで吐き出してみましょう。

歯茎と舌先の間の狭いスペースを息が通り抜け、「すー」っという[s]の音が出るはずです。

その音に続けて「あ・う・え・お」を発音すると「さ・す・せ・そ」になります。

 

また呼気が強すぎても、マイクを使って話す場合に吐いた息がノイズとして入ってしまうため、

呼気の量にも注意が必要です。

 

②「し」の発音方法

もっとも簡単に「し」を出すためには、静かにさせるジェスチャーの「シー」という音[ʃ]を出し、

それに続けて「い」を発音すると[ʃi](要は「shi」)になります。

 

もし、この方法が難しい場合には破擦音[s]を出しやすい「す」を使って練習します。

「い」の発音をする口の形のまま、「すー」の呼気[ʃ]だけを出し、その音に「い」を続けます。

このとき、唇を動かさないこと、「すい」[ʃui]にならないようにすること、が重要です。

 

さ行が苦手な原因

 

この原因には、大きく分けて2つ考えられます。

 

①歯並びが悪い

”さ行”は基本的に「歯音」なので、歯並びがその発音に影響します。

そのため、歯科矯正を行い歯並びが良くなったら”さ行"がうまく発音できるようになる人もいます。

 

心当たりがある方は原因として歯並びを疑い、専門家に診てもらうことをおすすめします。

 

②舌の位置や口の形が間違っている

よくあるのが、舌の先端を上の歯に触れてしまっていたり、近づけすぎてしまっていたりする場合。

 

この時[s]ではなく、英語の[θ](「th」の音)になってしまい、”た行”や”は行”に聞こえてしまうことがあります。

 

舌の筋力が弱い

舌に余計な力を入れてしまうのは良くありませんが、

一方で舌を動かすのに必要な筋肉が足りていない場合も、発音が明瞭に聞こえません。

舌の動かし方に勢いがないと、こもったような音になってしまうからです。

ら行の早口言葉や、舌先を動かすトレーニングをすることで、舌の筋力をつけるようにしましょう。

 

さ行の発音トレーニング

①さ行の単音練習

さ行の場合、[s]の音を正しく出せるかどうかが重要なので、

上の歯にきちんと呼気を当てるためのトレー二ングをすると良いでしょう。

「さーさーさー」「しーしーしー」「すーすーすー」「せーせーせー」「そーそーそー」と

それぞれの音を何度か続けて出し、呼気の量が十分か、上の歯茎にきちんと当たっているか、

確認してみてください。

 

②さ行の単語練習

”た行””ら行”の発音トレーニングをご覧頂いた方にはお馴染みの「構音訓練」による単語練習です。

言語聴覚士が行うものと同様、語頭・語中・語尾に”さ行”が含まれる単語を各20〜30個ずつ練習しましょう。

不得意な単語がある場合、その語を繰り返し練習するようにしてください。

 

 1 )語頭に”さ行”がつく単語

 「さ」がつく単語:散歩(サンポ)、サンタ、砂糖(サトウ)、刺身(サシミ)、サンバ…etc.

 「し」がつく単語:鹿(シカ)、新聞(シンブン)、醤油(ショウユ)、シンバル、四季(シキ)…etc.

 

 2 )語中に”さ行”がつく単語

 「さ」がつく単語:うさぎ、草木(クサキ)、お酒(オサケ)、ハサミ、岬(ミサキ)…etc. 

 「す」がつく単語:ナスビ、麻酔(マスイ)、マスク、ミスド、タスク、マス目(マスメ)…etc.

 

 3 )語尾に”さ行”がつく単語

 「せ」がつく単語:綾瀬(アヤセ)、浅瀬(アサセ)、ヤラセ、来世(ライセ)、汗(アセ)…etc. 

 「そ」がつく単語:味噌(ミソ)、愛想(アイソ)、嘘(ウソ)、水素(スイソ)、過疎(カソ)…etc.

 

今回も参考例をいくつか並べてみましたが、自分が苦手とする音が含まれている単語を考えてみましょう。

普段から練習しておくことで、スムーズな発音ができるようになります。

 

③さ行の早口言葉

さ行の早口言葉でよく知られているものをピックアップしました。

単語練習で自信をつけたら、挑戦してみましょう。

 

 ・最新式写真撮影法

 

 ・書写山の社僧生(しょしゃざんのしゃそうじょう)

 

 ・ジャズ歌手 シャンソン歌手 新春シャンソンショー

 

 ・桜咲く桜の山の桜花 咲く桜あり 散る桜あり

 

 ・新設診察室視察 瀕死の死者 生産者の申請書審査 行政観察査察使 親切な先生 在社必死の失踪

 

[s]と[ʃ]を明確に出し分けるのがコツです。

 

どうしても上手く発音できない場合は、普通の文章を全て”さ行”で読み進めるのも効果的です。

例えば、「私は滑舌が悪い」を「ささしささすせすささすし」といった具合です。

 

さ行を上達させるには破裂音[s]を制すべし!

さ行発音の肝は破裂音[s]の出し方です。

舌の位置と、呼気を当てる位置を意識しながら、繰り返し練習してください。

また、歯並びも発音に影響してきますので、発音しづらい原因なのではないか?

と不安に思っていらっしゃる方は、矯正歯科で診てもらうと良いでしょう。

 

さ行がきれいに発音できると、ハキハキした話し方ができるようになります。

相手に好印象を与えるためにも”さ行”をマスターしてみてはいかがでしょうか。