catch-img

滑舌を改善するために|ら行の発音トレーニング

ら行の発音トレーニング

前回は"た行"の発音についてご説明しました。

 >滑舌を改善するために|た行の発音トレーニング 

た行発音のポイントは”破裂音[t]を制す”ことでしたね。

 

た行同様、それぞれの“行”には押さえておくべきポイントがあります。

今回は苦手な方が多いと思われる”ら行”について説明します。

 

ら行は五十音の中でも、特に舌の使い方が難しいと言われていますが、

逆にら行をきれいに発音することができるようになれば、

他の行の発音にも相乗効果が期待できますね。

ら行が苦手な方はこの機会に、発音方法を見直してみてはいががでしょうか?

 

《本記事で学べる内容》

 

1. ら行の発音方法

 ①ら行の練習はまず「ら」の音から

 ②「ら」ができたら「ろ・れ」「る・り」の順で練習

2. ら行が苦手な原因

 ①舌に力が入ってしまっている

 ②舌を当てる場所がまちがっている

 ③舌の筋力が弱い

 ④舌小帯が短い

3. ら行の発音トレーニング

 ①ら行の単語練習

 ②ら行の早口言葉

 

ら行の発音方法

①ら行の練習はまず「ら」の音から

ら行の練習は、まず「ら」の発音からはじめるのがオススメです。

舌先を上の歯茎に軽くつけ、そのままで軽く声を出すと[r]の音になります。

[r]は「る」と「う」の中間の音と思ってください。

[r]の音に続けて「あー」と発音すると、自然と舌が下がり「らー」音がでるようになります。

 

この時、「ら」を発音するんだ!と力まないようにしてください。

意識すると余計な筋肉を使ってしまい、音が安定しないことがあります。

 

一連の動作を徐々に速くしていくことによって「ら」を明瞭に発音することができます。

動作が速くなっていくなかで、舌が勢いよく下がるようになります。

それによってはじくような音「弾音」が生まれるのも、ら行の特徴です。

 

②「ら」ができたら「ろ・れ」「る・り」の順で練習

「ら」の出し方は舌先を上の歯茎に軽くつけて声を出し、続けて「あー」と言うでしたが、

同じ方法で、後ろに続ける母音を変えることによって、ら行の他の音も出すことができます。

発音する際に、鏡で舌がリラックス(脱力)しているか確認しながら練習するとより効果的なので、

口の開きが大きい「ろ・れ」「る・り」の順で練習すると良いでしょう。

 

※ 英語やフランス語の「r」と「l」の中間

 

ら行は英語やフランス語の「r」と「l」を合わせたものです。

 

らを発音する時に、舌先は「r」を意識してそり返らせつつ硬口蓋に向かわせます。

続いて、構えた舌先をはじき上の歯茎を打ち、その瞬間に反動で舌先は歯茎から離れます。

この舌先が歯茎を打つ場所が、「l」の発音に打つところなのです。

 

よって、日本語のら行は、構えは「r」弾く場所が「l」という音なのです。

 

ら行が苦手な原因

 

ら行が苦手な方は、その音がだ行やや行・が行に置き換えられてしまうケースが多いです。

うまく発音できない原因としては、次の4点が考えられます。

 

舌に力が入ってしまっている

舌に余計な力が入ってしまうと、思うように舌が動かず、上手に発音できません。

舌をリラックス(脱力)させるために”巻き舌”のトレー二ングをする良いでしょう。

 

舌の力を抜き、素早く動かす練習です。

 

 1 )「る」と「ら」の前に別の子音を加えて繰り返す

  

  プル・プラ・プル・プラ・プル・プラ

  トゥル・トゥラ・トゥル・トゥラ・トゥル・トゥラ

  スル・スラ・スル・スラ・スル・スラ

 

 2 )「ら」と「ろ」の前に母音を加えて繰り返す

 

  アラ・オロ・アラ・オロ・アラ・オロ・アラ・オロ

 

 3 )2 )を可能な限り速く繰り返す

 

  アrアrアrアrアrアrアrアrアrアr

 

舌を当てる場所がまちがっている

ら行の発音では、舌の当たる場所は上の歯茎の前方になります。

舌の当たる範囲を広げ、上の歯茎一帯にしてしまうと「だ行」の発音になります。

試しに「らりるれろ」と同じように発音しながら、舌を平たくしてみてください。

「だでぃどぅでど」と発音されるはずです。

 

舌の筋力が弱い

舌に余計な力を入れてしまうのは良くありませんが、

一方で舌を動かすのに必要な筋肉が足りていない場合も、発音が明瞭に聞こえません。

舌の動かし方に勢いがないと、こもったような音になってしまうからです。

ら行の早口言葉や、舌先を動かすトレーニングをすることで、舌の筋力をつけるようにしましょう。

 

舌小帯が短い

舌の裏側に筋のようなものがあり、それを舌小帯と言います。

舌小帯が短いと舌の可動域が狭くなってしまい、ら行の発音が難しい場合があります。

専門家の診療を受け手術による治療が可能です。

2014年にアイドリング菊地亜美さんが滑舌を良くするためにこの手術を受けていました。

 

ら行の発音トレーニング

 

ら行の単語練習

た行の単語練習同様、言語聴覚士による構音訓練に則って練習しましょう。

日常で使用する単語のなかでも語頭・語中・語尾に練習音が含まれる単語を

それぞれ20〜30個ほど練習します。

 

 1 )語頭に”ら行”がつく単語

 「ら」がつく単語:ラッパ、らくだ、ランドセル、ランダム、裸眼(らがん)…etc.

 「り」がつく単語:りす、リボン、理科(りか)、陸(りく)、リンス…etc.

 

 2 )語中に”ら行”がつく単語

 「ら」がつく単語:気楽(きらく)メタボ、イラク、モラル、未来(みらい)…etc. 

 「れ」がつく単語:未練(みれん)、カレイ、のれん、ナレーション、彼氏(かれし)…etc.

 

 3 )語尾に”ら行”がつく単語

 「る」がつく単語:まる、樽(たる)、ドリル、カエル、ルール…etc. 

 「ろ」がつく単語:暖炉(だんろ)、コンロ、線路(せんろ)、道路(どうろ)…etc.

 

こちらも参考に例をあげましたが、自分の苦手な音を含んでいる単語を繰り返し練習しましょう。

 

ら行の早口言葉

ら行の早口言葉で有名なものをご紹介します。

自分の苦手な発音は、1音ずつ行うだけでなく長めの文を読むことによって矯正していきましょう。

 

 ・らりるれろ りるれろら るれろらり れろらりる ろらりるれ

 

 ・楽焼で蘭をらくに焼き付ける

 

 ・踊り踊るなら 踊りの道理を習って 踊りの道理どおりに踊りを踊れ。

 

 ・ラクダに乗るのは楽だろうか苦だろうか そりゃこちらは楽だがラクダは苦だろう

 

 ・とろろ芋をとる苦労より とろろ芋からトロットするとろろ汁を取る苦労。

 

 ・ラバかロバか ロバかラバかわからないので ラバとロバを比べたら ロバかラバかわからなかった

 

 ・ローマの牢屋の広い廊下を 66の老人が ロウソク持って オロオロ歩く

 

 

通常の早口言葉よりも舌がせわしなく動いているのを感じるはずです。

あまり練習しすぎてしまうと、翌日舌が筋肉痛になってしまうのでご注意ください。

 

ら行を上達させるには舌の動きを制すべし!

繰り返しになりますが、ら行は五十音のなかでも最も舌を動かす音です。

よって、舌の位置や動きによって明瞭な発音が作られます。

余計な力が入っていないか、逆に十分な舌の筋力があるかどうかを見直し、

必要であれば、日々のちょっとした時間の中で舌を動かすトレーニングをしましょう。

ら行をマスターすることができれば、他の”行”も滑らかに発音できるでしょう。