catch-img

滑舌を改善するために|か行の発音トレーニング

か行の発音トレーニング

これまでは“さ行”・“た行”・“ら行"の発音についてご説明しました。

 >滑舌を改善するために|さ行の発音トレーニング
 >滑舌を改善するために|た行の発音トレーニング
 >滑舌を改善するために|ら行の発音トレーニング

今回説明するのは“か行”の発音方法についてです。

“か行”の発音を苦手にしている方に多いのが、「か」が「た」に、「き」が「ち」になってしまう、といった悩みです。
か行改善のポイントは[k]の発音と、そのための舌の位置にあります。

か行の発音が難しいと感じる方は、今一度自身の舌の位置や発音の仕方を確認してみてください。

《本記事で学べる内容》

1. か行の発音方法

2. か行が苦手な原因

3. か行の発音トレーニング
 基本の発音練習
  ①うがいの練習をする
  ②呼気圧を高める練習をする
  ③か行単体の練習をする
 か行の単語練習
 か行の早口言葉


か行の発音方法

①[k]の音が発音できているかを確認する

か行の子音である[k]は、奥舌と軟口蓋によって作られる破裂音です。
奥舌を軟口蓋につけて息の出口をふさぎ、息を吐き出すとき、この閉じた部分を突き破ることによって発します。

“か行”は“が行”を無声化(声帯を振動させないよう発音)した音なので、“が行”が問題なく発音できる場合には「ささやき声」で“が行”を言ってみると良いでしょう。

うがいをする際の舌の位置を意識して、やさしく音を出すと[k]になるはずです。

②「か」の発音方法

[k]の音が問題なく出せるようであれば、そこに「あー」をつけて「かー」にしましょう。
徐々に短くしていきながら「か」を正しく発声していきます。
「が」のささやき声の後に「あ」を発声するという考え方でもOKです。

③「き・く・け・こ」の発音方法

か行音の他の音「き・く・け・こ」に関しても「か」の発音方法と同様で、後ろに続く母音「い・う・え・お」に代えるだけで発音できるようになります。
舌の位置の確認がしやすいため「こ」→「く」「け」→「き」の順番で練習すると良いでしょう。


か行が苦手な原因


①舌の位置が間違っている

「か」が「た」、「き」が「ち」に聞こえるなど、“か行”の発音が“た行”になってしまう人がいますが、その原因は舌の位置が通常よりも下がってしまっていることにあります。
舌の奥の部分は軟口蓋に触れるようにし、呼気の通路をふさぐような形にします。
口腔内の呼気圧を高めた後にそれを解放することで破裂音が出るため、舌奥の位置は高めにするのです。

②が行の発音ができていない

“か行”は“が行”の無声音のため、が行が発音できない場合はまずその正しい発音を覚えましょう。
が行はか行よりさらに奥舌を上に持ち上げ、軟口蓋につけた状態にして[g]の音を作り、そこに母音を足すことで発音できます。
が行の発音については別の箇所で説明します。

か行の発音トレーニング


基本の発音練習

①うがいの練習をする

[k]の音はうがいをする際の舌の位置だと上で述べました。
子どもに正しい発音を教える際に使われる方法ですが、口の中に水を含んで上を向き、「かっかっかっ」と短く繰り返すことで[k]の音の発音練習になります。

②呼気圧を高める練習をする

「ん」から「か」の音を出そうとすると、軟口蓋に奥舌が触れた状態から呼気が解放されるのを感じられ、呼気圧が高まるという状態が分かりやすくなります。
「んーかー」を繰り返すようにしましょう。

③か行単体の練習をする

「かかかかか」「ききききき」「くくくくく」「けけけけけ」「こここここ」と音を重ねて練習しましょう。

か行の単語練習

他の行の単語練習同様、言語聴覚士による構音訓練に則って練習しましょう。
日常で使用する単語のなかでも語頭・語中・語尾に練習音が含まれる単語をそれぞれ20〜30個ほど練習します。

 1 )語頭に“か行”がつく単語
 「か」がつく単語:かさ、身体(からだ)、カバン、かえる、カメラ…etc.
 「き」がつく単語:着物(きもの)、きつね、基本(きほん)、木更津(きさらず)…etc.

 2 )語中に“か行”がつく単語
 「け」がつく単語:危険(きけん)、受け身(うけみ)、こけし、理系(りけい)…etc. 
 「こ」がつく単語:利口(りこう)、未婚(みこん)、きこり、素行(そこう)…etc.

 3 )語尾に“か行”がつく単語
 「く」がつく単語:お肉(おにく)、子役(こやく)、帰国(きこく)、登録(とうろく)…etc. 
 「こ」がつく単語:インコ、金庫(きんこ)、五湖(ごこ)、ラッコ…etc.

こちらも参考に例をあげましたが、自分の苦手な音を含んでいる単語を繰り返し練習しましょう。

か行の早口言葉

か行の早口言葉で有名なものをご紹介します。

自分の苦手な発音は、1音ずつ行うだけでなく長めの文を読むことによって矯正していきましょう。

・隣の客はよく柿食う客だ

・東京特許許可局

・この杭の釘は引き抜きにくい

・親も嘉兵衛、子も嘉兵衛、親嘉兵衛子嘉兵衛、子嘉兵衛親嘉兵衛

・菊栗、菊栗、三菊栗、合わせて菊栗、六菊栗

か行の発音で肝心なのは舌の位置

か行は“が行”がベースになっているので、が行の発音が苦手という方はまずそちらを練習しましょう。
[k]を発音するために「ささやき声」で“が行”を言うようにしてみると、綺麗に音を出すことができます。